青松会のご案内

会長ご挨拶

Message

久しぶりのリアル開催

人文・法・経済科学部同窓会 
会長 高木 裕

3年ぶりに、新潟大学の令和 3 年度卒業式と令和 4 年度入学式の式典に出席しました。卒業式は朱鷺メッセで、合わせて3000名を超える卒業生・修了生が集い、会場のどこも晴れやかな顔でいっぱいでした。入学式も希望にあふれた顔で埋めつくされていました。新入生代表の経済科学部の学生が力強い宣誓をしました。 対面形式の式典で、間近に学生たちの誇りに満ちた姿を目にすることができ、大変感銘を受けました。このような対面形式の式典が続くことを心から願うしだいです。

さて、本同窓会の総会も3年ぶりにリアルで7月2日㈯開催にこぎ着けました。現在(7月16日)の感染状況から考えると、ギリギリのタイミングでの開催でした。久しぶりに講演会、そして懇親会まで開き、会員相互の親睦交流をすることができたことを嬉しく思います。「会則の改定」は総会での承認が必要で、今回の総会で諮られ、ご承認を頂きました。2年にわたる常任理事会の検討を経て、上程したものです。改定案では本会の名称変更が大きな改正点で、その改正に伴い最低限の条文整備をおこないました。改定により、新潟大学人文・法・経済科学部同窓会(青松会)を正式名称としました。これまでの本会の名称の変遷を振り返ると、昭和57年(1982)人文学部同窓会から人文・法・経済学部同窓会に名称変更しましたが、昭和55年(1980)三学部改組の2年後のことです。2年前、令和2年(2020)に経済学部の改組を受けて設置された経済科学部は、昭和24年(1949)の人文学部の創設に始まる人文・法・経済学部の歴史に連なるものです。「母 校の発展に寄与する」とする本会の目的に鑑みると、正式名称も発展し変化する学部の名称に合わせ、支援してゆく姿勢を明確にすることが重要であると考えたしだいです。経済科学部の学生は現在3年生。本会は来年度末には同学部の卒業生を正会員として迎えることになります。

来年度、本同窓会は創立70周年を迎えることになります。本部では記念事業準備委員会を立ち上げ、早速企画イベント部会(オンライン)を発足させました。昭和28年(1953)に発足した本会も人間でいえば古希に達します。長寿を言祝ぐことはいうまでもありませんが、その一方でさまざまな世代が参加する 同窓会になったこともたしかです。70周年記念の事業・総会が世代を超えた親睦交流の場となるよう準備を進めておりますので、ご参加・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

概要

Overview

同窓会の沿革
  • 1953年(昭和28年)人文学部第1回卒業生誕生。
    当時の人文学部は次のように2学科8専攻課程であり、学科別の同科会として同窓生の連絡が行われていた。
    人文科学科(哲学・心理学・歴史学・国文学・英米文学・独逸文学の6専攻課程)
    社会科学科(法律・経済の2専攻課程)
  • 1959年(昭和34年)
    同科会を統合して人文学部同窓会が発足。
  • 1977年(昭和52年)人文学部は「法文学部」と改組。
  • 1980年(昭和55年)法文学部が「人文学部」「法学部」「経済学部」の3学部に改組。
同窓会の目的と事業
  • 会員相互の親睦と母校の発展を図る。
  • 同窓会員名簿と会報の発行。総会などの開催。
  • 会の目的達成のための必要な事業。
会員資格
  • 通常会員:卒業生及びかつて在籍した者
  • 準会員 :在学生
  • 特別会員:教務員
これまでの主な活動
  • 周年記念事業
    1983年(昭和58年)の同窓会創立30周年記念総会から35・40・45と回を重ねて、平成15年には50周年記念総会が朱鷺メッセで盛大に行われた。
    平成25年には、60周年記念総会が新潟東映ホテルで開催され、50周年からの10年の記録を掲載した、青松「60周年特集号」が発行された。
  • 開学50周年記念事業
    親松英治氏作(勝利の像)を大学に寄贈。殺風景な校庭の憩いの場となっている。
  • 開学60周年記念事業
    人文社会学系棟の学生談話室の整備ならびに時計塔を大学に寄贈。

支部一覧

List of branches

本部 新潟市西区五十嵐二の町8050   
TEL025-262-6297   
dousou@econ.niigata-u.ac.jp

会長 高木 裕 S48卒 人文

事務局長 古川 原誠 S53卒 人文

首都圏支部 東京都練馬区平和台3-1-7-403   
TEL080-3559-0373   
okome0355@gmail.com

支部長  加澤 正樹 S48卒 法

事務局長 成田 浩 S58卒 経済

長岡圏域支部 長岡市今朝白3-10-8-601   
TEL090-7179-6111   
yakotaku@384.jp

支部長兼 事務局長 八子 淳一 S51卒 経済

東北支部 仙台市泉区向陽台2-9-7   
TEL090-3752-0637   
hosomiki@seagreen.ocn.ne.jp

支部長兼 事務局長 細貝 幹男 S47卒 経済

会津支部 福島県会津若松市川原町2-26   
TEL090-2026-8442   
zkravmh@bd6.so-net.ne.jp

支部長 坂内 清一 S50卒 法

事務局長 鈴木 伸康 S59卒 人文

山形県支部 山形県西村山郡朝日町大字三中甲650-1   
TEL090-7568-0887   
ji7phg@m01.p-c.ne.jp

支部長 志賀 康芳 S43卒 法

事務局長 井上 幸弘 S49卒 人文

秋田県支部 秋田市泉菅野2-16-16 
TEL090-8781-0328   
hari@jimu.akita-u.ac.jp

支部長 京屋 太 S46卒 法

事務局長 播磨屋 寿敏 S59卒 法

長野県支部 長野市岡田178-2 八十二信用保証(株) 総務部内   
TEL026-228-8231(事務局長)   
toshiharu.higuchi@82hsh.co.jp

支部長 長田 敏彦 S58卒 法

事務局長 樋口 俊治 S60卒 法

群馬県支部 群馬県前橋市江木町903-6   
TEL090-2253-1272   
nu.matuyama@kza.biglobe.ne.jp

支部長 荒井 道明 S47卒 法

事務局長 松山 伸一 S53卒 経済

福島県中央支部 〒960-8031 福島栄町郵便局止め 「新潟大学人文・法・経済学部福島県中央支部事務局」
TEL090-2025-0025(支部長)

支部長 竹内 誠司 S56卒 経済

事務局長 熊木 靖 S61卒 経済

栃木県支部 栃木県宇都宮市戸祭3-2-2 C-202   
TEL090090-2404-9596   
takahashik11@pref.tochigi.lg.jp

支部長 藤沼 哲史 S49卒 法

事務局長 高橋 一貴 H02卒 経済

事業一覧

Business list

総会・理事会
  • 理事会   4月下旬に開催しております。
  • 会員総会  7月上旬  毎年、講演・懇親会を開催しております。
会報「青松」の発行
  • 同窓会報「青松」は3月と9月の年2回発行し、皆様の連絡先を確認させて頂いています。
    会報が届いていない会員の方は同窓会事務局へご連絡下さい。  dousou@econ.niigata-u.ac.jp
青松賞懸賞論文
についての情報

毎年5月上旬3学部の在学生及び留学生を対象に論文を募集。
12月に人文学部長・法学部長・経済科学部長・同窓会長・事務局長で応募論文を選考し優秀論文提出者を卒業祝賀会で表彰します。

母校支援活動

令和4年度の奨学金について
人文・法・経済科学部同窓会(青松会)が拠出した資金を基にして人文学部、法学部、経済科学部に在籍している学生に対して無利子で奨学金を貸与します。一般奨学生と社会人奨学生の二通りの制度があります。詳しくは各学部の学務係に照会下さい。 奨学金の規定、募集要項は下のリンクをクリックするとご覧いただけます。
人文・法・経済科学部奨学金規定
令和4年度一般奨学生募集要項

母校助成講座
人文学部 「人文カフェ」
法学部 「地域活性化推進事業」
経済科学部 「話し方教室-思いが伝わるコミュニケーション-」
2020 年度コミュニケーション講座終了後のアンケート結果はこちら

卒業祝賀会の支援
当同窓会は人文・法・経済学部後援会と共同して卒業祝賀会を支援しています。また、『青松賞』懸賞論文に入賞された卒業生はこの祝賀会の中で表彰させて頂いています。写真は高木同窓会長(新潟大学名誉教授)より賞状を受けている卒業生です。めでたく卒業された皆さんが同窓会正会員となったお祝いの会でもあります。
卒業祝賀会での青松賞表彰の様子

母校への寄贈など
寄贈(絵画)
寄贈(時計塔・青松談話室)
寄贈(紅枝垂れ桜)

名簿発行

個人情報保護の観点から、現在作成しておりません。同期会等開催の御相談は事務局までお問い合わせ下さい。

催事案内・開催報告

Event information and report

議事資料等は会員専用ページに掲載しております。そちらをご覧下さい。